法被は多くの場面で見られる場所としてお祭がありますが、それ以外でも様々な場所での活用が増えてきています。お祭以外の利用方法としては、スポーツ観戦や歌手やアイドルなどの応援のさいなどに着用されることが多いです。そのほかに多いのが企業などが行うイベントでのスタッフが着用する訴求時となります。その際に使用される法被の特徴は、やはり応援の時と同じように目立つカラフルな色の物が多く羽織の帯を締めない状態での利用となります。イベント会場の雰囲気も盛り上げるだけでなく、イベントの場所を知らせる効果などもあります。またカラフルな法被を着ていることでイベント関係者だということを知らせることもできます。またお祭で着ることが多いイメージがあることから、自然と場の雰囲気を盛り上げる効果もあるため多くのイベントで利用されています。

ノベルティや物販としての法被の利用方法

法被は本来であればお祭で着る正装として活用とされており、現在でも正装というほかに主催者側の結束力を高めたり、お祭自体の雰囲気を盛り上げる効果として利用されています。そのほかにスポーツ観戦などの応援で利用されてあり、企業が開催するイベント会場などのスタッフ衣装として利用なども多くみられます。そのほかの利用方法の1つとしてノベルティや物販としての活用も増えてきています。世界的にも注目を集めているのが日本のアニメとなりますが、人気のあるアニメキャラクターなどを法被にあしらった物などが多く販売されています。ノベルティとして利用されることが増えており、アニメ以外にゲームのキャラなどをモチーフにしたタイプの物も多く出ています。実際に販売される場合は、企画などの限定品とされる場合もあり多くのファンに人気のある商品として利用されています。

法被を着る機会は祭りが主流

法被は祭りで着用することが多くなっています。祭という文字が入ったものを着ることが一般的です。しかし、それ以外の法被もあります。それ以外で着る機会は店頭です。よく家電量販店の大安売りなどで店員が着用しています。祭りにしても店員にしても、みなお揃いのものを用意しています。専門業者に作ってもらうことが多いからです。祭りではお神輿を担ぐ人が主に着用します。後は関係者です。祭りの運営者などがお揃いで着用します。そのため、祭りに参加しない人はあまり着る機会がありません。ところが、最近では細かなところで利用されています。例えば、運動会のお遊戯で着るという子どもも多くなっています。お遊戯でソーラン節や花笠音頭といった日本の伝統的なものを踊ることで、お揃いの法被を着用することも多くなっています。いずれにしても、祭りに関連するところで着用することが一般的です。

即日発送可能なはっぴが多数あります! 企業様のお祭り用やイベント用にはっぴが大人気です。 1枚の既製品販売から大量生産のフルオーダーまで幅広くご対応可能です。フルオーダーは綿で製作が可能です。 ファックスとメールは年中無休で受信可能です。 弊社でしか販売していない 弊社オリジナルのはっぴが 多数あります。 横浜市の小学校様よりソーラン節用にはっぴのお申し込みを毎年頂いております。 法被をオリジナルで作るなら、KAMEOKAにお任せ