レンタルできる期間
2017.06.28

黒い車映画DVDをレンタル屋で借りるとなると…旧作であれば、基本的に7泊8日で借りることができます。つまり「1週間」を限度に借りることができるわけです。このように、借りたものは返すことが当たり前で、その借りる期間というのは、概ね決まっています。そもそも借りるときに「いついつまでに返して」という約束をするわけです。では、レンタカーの場合、この「いついつまで」という期間は最大でどれくらいあるのか?言い方を換えると、レンタカーは最大で何日間借りることができるのか?という疑問をテーマに、今回はお話を進めていきます。
【基本的には何日でもOKだけど…数泊が目安】車をレンタルできる期間は基本的には何日でも問題ありません。大手レンタカー業者の公式サイトへ足を運ぶと予約ができるコンテンツがあります。そこで「レンタル期間」を指定することができますが、どれだけでも予約をすることができます。ここからも、一応は長期間レンタルすることができるという証明に。ただし、実際にレンタルをしようと手続きを進めたら、恐らく業者側から「本当にこんなに長期間借りるの?」という問い合わせがあるかもしれません。それくらいイレギュラーのこととご理解を。つまり、レンタカー業者は、基本的に数泊での貸出を想定してサービス提供をしているということです。常識ある範囲内でサービス利用をすることを強くオススメします。
【長期間を所望するのであればリースを視野に】とはいえ、長期間レンタルをしたいというケースもあることでしょう。例えば、長期出張でマンスリーマンションを利用しながらレンタカーも借りるといったところでしょうか。こういった場合は「リース」という選択肢を視野に考えるといいでしょう。1ヶ月単位で長期間借りることができます。昨今、多くのサービスが存在しているため、かなり便利に利用することができます。
【シェア系のレンタカー業者の場合は72時間など短めに設定されている】昨今、利用者を急増に利用者を伸ばしている「車をシェアするサービス」。これも1つのレンタカーの利用方法になります。しかし、こちらはあくまでも「シェア」であり、皆で利用してくものです。したがって、長期間を利用するということは難しいです。実際に、シェア系のレンタカーの大手業者では、72時間を最大レンタル期間と設定しています。例えば、最長期間が設定されていなくとも、モラルの範囲で借りることが大切ということは言うまでもありません。そもそもシェア系で長期間で借りることはコンセプトがズレているため、オススメはできません。

▲ ページトップへ