ガソリン代は?
2017.06.28

緑の車ハイブリッド車を始めエコカーが街中を走っている姿をよく目にする時代になりました。「どれだけガソリンを使わず、二酸化炭素の排出を防ぐのか?」という世界の流れがあるからこその光景です。しかし、まだまだガソリン車も多く、ガソリンを入れて走らないといけません。ということで、今回、ここでお話するテーマは、レンタカーを利用したときのガソリン代について。昨今のレンタカーとガソリン代事情についてお話をしていきます。
【ガソリン代は利用者側が支払うことが基本】大前提として、レンタカーはガソリンを満タンにして返却をしないといけません。つまり、ガソリン代は、完全に利用者側が持つことが基本となっています。言うまでもありませんが、レンタル中にガソリンが空になってしまえば、自分自身で入れないといけないというわけです。
【満タンにして返却しなければならないけど…もししなかったら?】ついついガソリンを満タンにせずに返してしまったらどうなるのか?単純に業者側から「満タンにして来てください」と言われるだけです。返却時に業者は必ず、車に問題点はないか?とチェックをします。このチェックの中には、当然、ガソリンを満タンにしてきたか?というものが含まれているわけです。ただ、業者によっては「こちらで入れておきますので、料金は割増になります」となる可能性も。言うまでもなく、このケースの方は、満タン入れてきた場合と比較をすると、かなりの損をしてしまいます。余計な出費を抑えるために、必ず満タンにして返しましょう。
【シェア系のレンタカーの場合のガソリン代は?】シェア系の場合のガソリン代は、こちらも一般的なレンタカー業者と同様になります。利用した人が利用した分のガソリン代を持つことになります。ただ、シェア系の場合、先ほど説明をした「チェック作業」がありません。したがって、ガソリンを入れずに返却をしたとしても…分かりません。次の人が乗ったときに気付くことになります。
では、ガソリン代は、次に乗った人が対応するのか?となるというわけではありません。業者によっては、前に乗った人は利用契約から分かるため、後日、請求が行くことになります。ガソリンが少ない状態で利用した人は、ガソリンを入れた分だけ、レンタル料金から割引された調整されることになります。昨今、シェア系のレンタカーは、このようなトラブルが多発している背景があります。結果、ガソリン代は、最初から利用料金に含めたり、入れてくれた人に割引サービスをするという対応に変わってきてはいます。

▲ ページトップへ